講習会

プレイリーダー講習会

「プレイリーダー」とは、遊びを通して子どもたちを応援する人材です。国分寺市子ども子育て事業課では、地域ぐるみで子どもを育てていくプレイリーダーを市内に増やすために、講習会の参加者を募集します。講習会は、指定管理者「認定NPO法人 冒険遊び場の会」が実施します。あなたもプレイリーダーの資質を身につけませんか?

主催 国分寺市子ども子育て事業課   実施 認定NPO法人 冒険遊び場の会

お問い合わせは会事務所(042-202-0017)まで。お気軽にお問い合わせください。

※国分寺市では、冒険遊び場やこくぶんじ青空ひろばなどで多くのプレイリーダーがスタッフとして活動しています。


 

2021年度プレイリーダー講習会

子どもの発達にとって遊びがどうして重要なのか、どのような意味を持つのか、を科学の目で学ぶことで遊びの重要性について認識を深めませんか?

また、発達障害を含め、支援が必要な子どもたちの特性を知ることで、子どもへの接し方や活動の内容を見直すきっかけになります。

遊びの重要性を科学的に理解することで、遊び場活動や子どもの育ちを支える活動に興味を持つ大人を増やすために、以下の要領でプレイリーダー講習会を開催いたします。

子どもの遊びに関心のある方、子育て中の保護者、子どもと関わる仕事をしている方など、多くのご参加をお待ちしております。

講演会「遊びの中に子どもの育ちを見つけよう」―子どもの遊びを見つめる科学の目を学ぶー  講師   中川 信子 氏

2021年7月25日(日) 14:00~16:30(受付13:30~) 

子どもの遊びが、子どもの育ちにとって大切だと分かっていても、では実生活で遊びの時間を優先させているかというと、「それはなかなか・・」という人も。遊びが「どれくらい」「相当」大切なのか、発達の専門家に聞いてみようではありませんか。また、発達の凸凹が気になるという子どもたちについても、科学の目で正しく理解し、関わり方を学びましょう。中川先生は子どもの発達についてとても分かりやすく説明されることで有名。著書は子育て支援の現場でも多く使われています。

なかなかお呼びできない専門家です。この機会を逃さずぜひどうぞ。

(講師紹介)
中川 信子 (言語聴覚士)
1948年東京生まれ。「子どもの発達支援を考えるSTの会」代表。長年にわたり、乳幼児健診後のことばの相談や、療育の必要な子の言語指導にあたり、親子の初期のコミュニケーション改善をめざして来た。現在は東京都狛江市を中心とした相談支援システム構築に関わるかたわら、執筆・講演活動を行っている。
ホームページ:そらとも広場 http://www.soratomo.jp/
■主な著書
「保育園・幼稚園のちょっと気になる子」ぶどう社
「1,2,3才 ことばの遅い子」ぶどう社
「子どものこころとことばの育ち」大月書店
「発達障害とことばの相談」小学館
「はじめて出会う育児の百科(共著) 」小学館
「コミック版 語りかけ育児(監修)」小学館

対象

子どもの遊びに関心のある方、子育て中の保護者、子どもと関わる仕事をしている方等

 

募集

限定100名(先着順)

 

参加費

1,000円

 

保育

未就学児6名まで 保育費別途1名につき1,000円

 

申し込み

6月22日(火)~7月14日(水)までに
認定NPO法人 冒険遊び場の会 事務局へ
電話:042-202-0017(火曜~金曜 10:00~16:00)

 

講演会会場

国分寺市立いずみホール

東京都国分寺市泉町3-36-12
電話:042-323-1491

●JR西国分寺駅より徒歩約2分
〈電車〉JR中央線 JR武蔵野線
※駐車場・駐輪場はありません。周辺駐車場・駐輪場をご利用下さい。

 

チラシ

<チラシをクリックするとPDFを見ることができます>

 


 

過去のプレイリーダー講習会

各年度のスケジュールとまとめを見ることができます。

2011年度を見る 2012年度を見る 2013年度を見る
2014年度を見る 2015年度を見る