トップページ

 

国分寺市プレイステーションは新型コロナウイルス感染症対策のため、2020年6月15日(月)までを休園期間としましたが、緊急事態宣言解除を受け再開します。

6月3日(水)より屋外施設のみ開園します。

感染症対策のため、活動内容や利用人数等を一部制限し、段階的に開園していきます。(注)今後の状況に応じて変更する場合があります。

国分寺市プレイステーションに来場の際は、以下の点にご注意ください。
(必ずご家庭での確認をお願いいたします。)

〇来場の際に名前、電話番号、学校、学年(年齢)が必要となります。

〇来場前に自宅にて検温実施お願いします。 (37.5度以上の発熱のある方、体調不良の方は来場をお断りします)

〇場内で食事禁止です。

〇マスクの着用をお願いします。

〇飲み物持参(熱中症対策)

〇消毒の時間を設けるため、入れ替え制とします。(利用時間は以下のとおりです。)
 1 10:00~11:30 2 13:00~14:30 3 15:00~16:30
 (注)各時間の定員は50人とし、ご利用は1日1回となります。

 

<プレイステーション施設利用に係る留意事項>

<上の画像をクリックするとPDFを見ることができます>

 

コロナ禍における 冒険遊び場の会の活動

緊急事態宣言が延長する中、当会では、さまざま新たな活動をおこなっています。
今回の事態は誰も想像ができなかった事態であり、どんなに今までの日常がありがたかったかを身にしみて感じています。その中、それぞれの事業に関わるスタッフは、今まで一緒に遊んでいた子どもたちや大人たちの顔を浮かべながら、人との物理的距離を保ちながらも、どうにかしてコミュニケーションを保てないか、と、新たな活動にチャレンジしています。
 これからも、感染症対策を十分行いながら、子どもたちの孤立や親子の孤立を放置しない、という覚悟で、今できることをやっていきたいと考えています。

東部地区拠点親子ひろば BOUKENたまご

★電話相談をしています。

 

★インスタグラムを始めました。

毎週おこなっている助産師相談、カウンセラー相談、管理栄養士相談。おうちでできる簡単な遊び方 などを載せています。画面の向こうで、ホッとできる日常を目指しています!

 

★たまごの入り口に、メッセージボードを設置しました。

私たちスタッフから、今まで遊びにきていた子育てをしている人たちへのメッセージがあります。また、私たちスタッフへ向けて、子育て真っ最中の方々からの、いろいろなメッセージが出せるように、ポストと用紙も設置しています。(愚痴だったり、子どもの様子だったり、なんでもOKです。)(消毒済みの鉛筆も一緒に置いてあります)もうすでに、今まで遊びにきていた子どもの成長をお知らせしてくれたお手紙が入っていたりしました。

 

こくぶんじ青空ひろば

★活動をおこなっている9つの公園すべてに、メッセージボードとポストを設置しました。

今まで遊びにきていた子どもたちや親子の顔を浮かべながら、それぞれの公園のスタッフがボードにメッセージを出しています。また、今まで一緒に遊んでいた子どもたちや親子の方々から、スタッフに向けてのお手紙を入れてもらうように、ポストを作りました。9公園のスタッフのそれぞれの味が出ていて、個性豊かなポストです。もう、すでに、コロナへ向けての愚痴や、叫びなどが入っています。今後、それぞれの各公園で、そのお手紙に返事を出していきます。

 

国分寺市プレイステーション(東戸倉)

★入り口に、看板、メッセージボード、ポストを設置しました。

今年4月に、市内西元町から、東戸倉に移設されました。まだ、開場ができないため、開場に向けて準備を進めています。新たな場所にて通る方々にも知ってもらえるような看板を出しています。また、新しい場所にて、「はじめまして」のメッセージやポストも設置しています。

 

国分寺市プレイステーション内親子ひろば BOUKENどんどこ

★入り口に、看板を設置しました。

新しい土地での親子ひろばです。今は、開場に向けて準備を進めています。新たな場所にて初めて開場になる親子ひろばを知ってもらえるような室内の様子を載せた看板を出しています。早く地域の親子の皆様とお会いできることを楽しみにしています。

 

 


 

冒険遊び場の会 代表より

 

 

冒険遊び場の会 テレワーク実施のお知らせ

 冒険遊び場の会は、新型コロナウイルス感染拡大への対応として、事務局職員は当面の間、原則として在宅勤務といたします。
 お問い合わせにつきましては、お問い合わせフォームからお寄せください。メールにて対応いたします。なお、郵便物・FAXは定期的に確認致しますので、通常通りお送りください。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

 

 


 

「国分寺市プレイステーション」は移転しました

「国分寺市プレイステーション」は、1982年、国分寺市西元町に、個人の地主さんのご厚意で土地をお借りする形で、財団法人「プレイスクール協会」が開設しました。その後、財団法人撤退に伴い、1999年より、国分寺市が土地を地主さんよりお借りする形を取り市の社会教育施設として「冒険遊び場の会」が運営をおこなってまいりました。そして2020年4月、国分寺市東戸倉の公有地へ移転しました。移転後のプレイステーションは、屋内施設があり、親子ひろばが併設されるなど新しいことがいっぱいです。

●「国分寺市プレイステーション」移転先
    国分寺市東戸倉2-28-4
    *西武国分寺線 恋ヶ窪駅徒歩8分の場所です

●親子ひろば「BOUKENどんどこ」は6月15日(月)まで休業します。

 

 

 

親子ひろば臨時休業延長のお知らせ

市内12か所すべての親子ひろば事業について、新型コロナウイルス感染症対策のため、緊急事態宣言が発出されたことを踏まえ、市民の皆さまの感染を防ぎ、生命と安全を守ることを最優先に考え、令和2年6月15日(月曜日)まで、休止期間を延長します。

BOUKENたまごより電話相談のお知らせ

 


こくぶんじ青空ひろばより

「こくぶんじ青空ひろば」は6月15日まで中止します。

 


 

認定NPOの更新が行われました

平成26年度7月1日に取得しました認定NPO法人の有効期限が31年6月30日まででした。
この度、更新手続き、書類審査、現地調査を経て、令和元年11月1日付けで、更新が無事行われました。今後、令和6年6月30日までが有効期間になります。
今後は、認定NPO法人のメリットを最大限利用し、寄付を集めていき、新しい事業をおこなっていきたいと考えています。


 

私たちの願い

今、子どもたちは「いつ」「どこで」遊ぶのか、自分で決めることができるでしょうか?
また、「何をして」「どうやって」遊ぶのか、自由に選べるでしょうか?
  木や水や虫と友達になりながら、
  風や火や土を味方につけて、
  自分で技を磨き、自分の力で思い切り遊ぶ、
そんなドキドキとワクワクに満ちた遊びは、もう昔のことだよ・・・とつぶやいてそれで終わり?

私たちは諦めません!
・私たちは、子どもたちに残されたわずかな遊ぶ時間と場所を、必死で守っていきます。
・私たちは、子どもが自分で考えて、自由に遊べる、遊び場をあちこちに創っていきます。
・私たちは、消費するだけではない、「ほんまもんの遊び」を子どもたちに伝えていきます。
・私たちは、遊びが、子どもたちの成長の糧であることを、一生懸命大人に伝えます。

そしてまち全体が子どもが楽しく遊べる場になるよう、遊び場から外へ、まちへ、出かけていきます。


 

さまざまな事業

認定NPO法人冒険遊び場の会は子どもたちがたっぷりと豊かな遊びを体験し、健やかに成長できるよう、遊び場の運営やさまざまな事業を行っています。

組織図

 

遊び場と親子ひろばの紹介

 

 

フェイスブック